病棟保育士の募集・求人、仕事内容情報

病院の保育士の仕事とは

病棟保育士とは、病院の保育士さん。保育士の資格相当の知識を持って、病院などに入院している子供の身体的、精神的な
世話をするのが仕事です。


主に小児病棟で子供たちと過ごし、乳幼児であれば授乳や離乳食の介助、トイレの手助け、寝かしつけなどを行います。
少し大きい子供たちで病状が軽い場合は、軽い運動や遊びの手助け、教育のようなことも行います。
また子供たちが親と離れて入院生活をする不安や寂しさを受け止めてあげるといった役割もあります。


子供たちは病気治療のために入院しているので、病棟保育士は医師や看護師と連携して子供たちと接していく必要があり、
病気治療のことや症状なども理解しておく必要があります。


また子供だけでなく、保護者の方とも連携しなければなりませんし、保護者の方が安心できるように対処するのも時には
病棟保育士の仕事です。だから保育の知識だけでなく、経験や判断力、想像力、対応力など、言ってみれば総合的な人間力が
必要とされる仕事です。


こういうことから、保育士の資格をとったばかりの人よりも、経験のある人が採用されやすくなっているんですね。
病院の保育士として働きたいのなら、まず保育士として経験を積んでから転職するほうがいいでしょう。